トイレのつまりがマンション、アパートなどの集合住宅で起きた時の行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

トイレのつまりがマンションで起こった場合の対応

突然、マンション、アパートなどの集合住宅で、トイレがつまってしまった時には、まずトイレつまりの原因をしっかり確かめる必要があります。例えば、1度に大量のトイレットペーパーを使い過ぎたとか、掃除中に雑巾を流してしまったとか、一緒に住んでいる家族の誰がどのようにトイレをつまらせてしまったのか、原因をあきらかにすることが大切です。もし仮に、家族の誰もが身に覚えがない、となると建物全ての排水管がつまっている場合もあります。今回は、集合住宅でトイレがつまった時の対応をいくつか紹介しましょう。

1、マンションでトイレをつまらせた時の対応

マンションのような世帯数の多い建物では、建物全体の排水管がつまるようなことは、あまりないと考えます。理由は排水管がつまらないように設計されており、排水管も戸建て住宅より太い物を使用しています。ただ、室内に設置してある排水管は戸建て住宅と同じなので、1度にトイレットペーパーを流しすぎたり、携帯電話などを流してしまえば、トイレはつまります。原因がトイレットペーパーの流しすぎであれば、ラバーカップ、重曹などを使い自力で解消できるでしょう。

1-1 、マンションで身に覚えのないトイレのつまりが起きた時の対応

家族に聞いても、誰もトイレをつまらせていないけど、トイレがつまっている。マンションでこんな時には、下の部屋の排水管がつまっていることがあります。対応としては、下の部屋に行きトイレなどがつまっていないか尋ねてみることです。もし下の部屋もトイレがつまっていたら、さらに違いう部屋でもつまりが起きていることも考えらます。いち早く水道業務に依頼し解決することが大切です。あまり自力で作業すると、二次被害に繋がる恐れも考えられます。このようなトイレのつまりの場合は自力での作業は避けた方がよいでしょう。

2、アパートでトイレがつまった時の対応

アパートなどの世帯数の少ない建物では、建物全体がつまることもよくある話です。日常生活の中で、なんら変わなく過ごしていたらトイレがつまってしまった。全く身に覚えがない?こんな時は下の部屋に行きトイレなど排水がいつも通り流れているか確認してみてください。1番下の階に住んでいる方は、隣の部屋に行き確認してみてください。いずれにしろ、自分の部屋以外でもトイレがつまっていたら、いち早く専門の水道業務に依頼しましょう。

まとめ

トイレがつまった時にマンションでは、賃貸物件と分譲住宅で少し対応の仕方が違います。例えば、賃貸物件のマンションでは、不動屋、管理会社などに連絡して、指示を仰ぐこともひとつですが、24時間対応しているとは限りません。こんな時は水まわりパートナーに連絡下さい。いち早く対応します。分譲住宅は建物全体がつまっていない限り、トイレのつまりに関しては、ほぼ自己負担となります。お急ぎの方は是非、我が社にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*