トイレに生理用ナプキン、オムツなどを流してつまりを起こした場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

トイレに生理用ナプキンを流してつまりを起こした場合の対処法

トイレに生理用ナプキンを流してしまい、つまってしまった。こんな経験のある方もいらっしゃると思います。参考までに、はっきりとわかっていることからお伝えすると、生理用ナプキン、オムツ類などがトイレにつまると、自力での改善、解消方法は、ほぼありません。また、他のつまりとの違いは時間勝負だったりするので、その辺りと、そんな中でも、どうにか出来る対処法をお伝え致します。

1、トイレに生理用ナプキンを流してつまった場合に自力で出来る作業

 

トイレに生理用ナプキンがつまってしまい、なんとか自分て直せないか?そんな時に出来る作業は、便器の穴に手を突っ込んでナプキンを取り出せるか、そこがポイントになります。かりに、ナプキンを便器に流してしまい、ラバーカップのような圧力ポンフを使い作業すると、ナプキンが排水の穴の奥にどんどん入ってしまい、プロの作業員が処置をしても難工事になり、料金も高くなります。時にはナプキン、オムツ類は取り除くことが出来なくなることもあります。つまったトイレに手を突っ込んでナプキンを、取り出せなければ、一刻も早く専門の業者に依頼することをお勧め致します。

1-2、ナプキンやオムツ類などをトイレに流してつまった時に何故急いだ方が良いのか。

 

ナプキン、オムツ類がトイレにつまった時には、ある意味、時間勝負なところもあります。基本的にナプキン、オムツ類は水を吸い取るために作られていることから、水を吸い取り過ぎると、男性のモモくらいの太さまで膨張します。もとのナプキン、オムツが何倍にもふくれあがり、便器内や排水管内で、膨張しきって穴から引っ張り出せなくなります。そうなると便器を交換しないといけなくなり、料金も高くなります。自力であれこれやるよりも、いち早く専門の業者に依頼することをお勧め致します。

1-3、トイレにナプキンを流してつまった場合には圧力ポンフの作業は厳禁

上記でも、少し紹介しましたが、圧力をかける道具などで作業をしてしまうと、トイレの構造上、つまりを悪化させてしまう可能性が高くなります。理由は、トイレの構造にあります。トイレには常日頃から、ある一定の水が便器に溜まる仕組みになっています。その溜まってくれる水があるから、家の外から侵入してくる、害虫や悪臭を防いでくれています。便器の排水路に水が定期的に溜まるには、排水路に大きな傾斜を作る必要があり、その傾斜とカーブしている排水路にナプキンが引っかかります。引っかかったナプキンは水が常に溜まっている排水路に止まっているので、時間が経過すれば、どんどん水を吸い取ることになり、何倍にもふくれあがったナプキンは、男性の力でも引っ張り出すことそうなると便器を交換しない限り、トイレは使えなくなります。

2,トイレにタンポンを流してつまりを起こした場合の対処法

 

トイレにタンポンを流してしまい、つまりを起こしてしまった時に、何とか自力で対処するにはどうすればよいものか、そんな時には、ビニール袋に手を入れて便器の穴に手を入れていきタンポンを取り出しましょう。もしこの作業をしてもタンポンが取り出せない時には、自力での作業はストップして、専門の水道業者に依頼しましょう。NGな作業は、ラバーカップ(シュポシュポ)、何度も水を流すなど。この様な作業を繰り返すことで、落下物が便器のおくへ入り込み、やっかいな場所に引っかかってしまいプロの作業員でも取り出すことが困難になります。

まとめ

トイレのつまりの中でも、水道屋泣かせな案件は、なんと言ってもナプキン、オムツ類になります。とにかく解消するのに作業は難工事になります。また、数時間粘っても改善出来ない事例も少なくありません。
難工事になれば料金も高くなります。トイレに入る時には生理用ナプキン、オムツ類は流れていかないように、普段から気おつけておきたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*