トイレのつまりにハイターは効果があるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

トイレのつまりにハイターは効果があるか

トイレがつまった時に、家内に道具などがない時に、洗剤や薬剤などで何とかつまりを解消できないものか。そんな場面でハイターがつまりの解除に役立つ?などの都市伝説が錯綜していました。確かにハイターの裏書の取り扱い説明には、浴室やキッチンなどのパイプつまりに効果があると書かれていることが殆どです。しかし、いろいろ調べているうちに、はっきりしてきました。残念ながら、ハイターはつまりの除去に適していない。あくまでも浴室やキッチンなどのパイプ側面にこびりついた油汚れやぬめり、髪の毛のつまりなどを解消する目的として使用するものです。

1、トイレのつまりをハイターで直せない原因

トイレのつまりにも原因、種類は様々ですが、トイレのつまりの原因1位がトイレットペーパーによるもの。このトイレットペーパーはトイレのつまりの初級編みたいなもの。よほど1度に大量に流さなければ誰でも簡単につまりを解消出来ます。それでもハイターでは、つまりに効果はないでしょう。トイレ用お掃除シート、整理用ナプキン、オムツ、携帯電話などの固形物による落下物のつまりも上位に入リます。これら全てのトイレつまりは、ハイターではつまりを解消出来ないこともはっきりしています。

2、トイレのつまりとハイター

ハイターについて、紹介したいことも薄いので、ハイターをトイレのつまりに繋がる話を少し紹介しましょう。我々、現場に直接出ているサービスマンだからこそ、知ることのできたアンケートですが、トイレのイヤな匂い、アンモニア臭、悪臭にハイターが聞く。と、よく主婦から聞きました。実際に私も自宅で試してみましたが、効果はありました。築年数28年の戸建て住宅、トイレは30年ほど前の洋式トイレ。便器から悪臭、アンモニア臭がする状態。これに対してハイターを使ってみたが、効果がありました。
手順は簡単です。コップに一杯ほどハイターを用意して、後は便器の穴に入れ一晩放置するだけ。1週間前後は効果がありました。

まとめ

ハイターは、あくまでも汚れ取りと考えた方がよさそうです。排水管のつまり、トイレのつまりなどには、適していないようです。ただ、排水管、トラップなどの悪臭を取り除く時には効果があると言えるでしょう。上手く使い分ければ、つまりの予防にも繋がる気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*